5月 18

アルツハイマー病などの認知症対策で注目されているプラズマローゲン

日本では、アルツハイマー病などの認知症患者が増えています。

症状は人によって様々ですが、特に多いのがアルツハイマー型認知症なのです。

認知症は、脳の神経細胞のネットワークが、何らの原因によって壊れてしまうことで発症すると考えられています。

認知症を確かめる明確な検査方法はなく、症状や脳の画像検査、遺伝子検査、神経心理検査などを行って診断されます。

アルツハイマー病は、神経細胞に蓄積する異常なタンパク質の沈着が起こって、タウと呼ばれる異常なタンパク質が細胞内に蓄積してしまった結果、神経細胞のネットワークが壊れて発症します。

どうして異常なたんぱく質が溜まってしまうかは、未だに解明されていません。

原因は解明されていないものの、アルツハイマー病は薬で進行を遅らせることが可能です。

そのため、できるだけ初期症状を見逃さず、早めに治療をすることが大切です。

プラズマローゲンは繊細なのでサプリで取り入れよう!

ここ数年で、大きな注目を浴びているのが、プラズマローゲンです。

プラズマローゲンが配合されたサプリメントは、とても人気があります。

プラズマローゲンは、抗酸化作用を持ったリン脂質の一種で、現在ではホタテ貝から抽出することが可能になっています。

ホタテ由来のプラズマローゲンに軽症のアルツハイマー病を改善する効果があることが確認され、それが医学雑誌に掲載されたことは大きな話題となりました。

高齢者は、食が細い人が多く、またプラズマローゲンは非常に壊れやすい物質なので、サプリメントを利用して摂取している人が少なくありません。

http://www.randyrives.com/が参考になりました。